ワイン・ソムリエ試験に関する分析
ネット

ワイン・ソムリエ試験に関する分析

ワインの資格と言えば、一番有名なのはソムリエですね。
今回は、そのソムリエの試験について、ご紹介したいと思います。

ソムリエを配置しているレストランというのはとても高級なレストランであり、なかなかお目にすることが出来ません。
何より高級なので、懐に余裕がないと利用することも出来ませんよね。

ソムリエは東京に本部がある協会の試験などを受けて合格し初めて認定される資格です。
ソムリエはワインの知識だけではなく、料理などの知識もなくてはなりません。
ワインを勧めるにあたって、料理とワインの調和を意味するマリアージュというものがあり、ソムリエはマリアージュのベストな組み合わせを探し、お客様に勧めなければならないからです。
調理の腕前を磨く必要はありませんが、食べる方面への職に通じている必要があります。

受験資格についてですが、ワインを含んでいるお酒を取り扱っている飲食店で3年以上働き、ある程度お酒と食について精通するようになってソムリエの受験資格を得ることが出来ます。
更にその上にはシニアソムリエという資格があり、それはソムリエ認定されてから5年以上経ち、更にワインなどのお酒を扱っている飲食店で10年以上働いていることによって受験資格を得ることが出来るのです。

このページの先頭へ