甲州ぶどうで作成されるワイン
ネット

甲州ぶどうで作成されるワイン

甲州のワインとは、山梨で作られるものです。
元々はヨーロッパで作られたものが日本にやってきたのですが、長い歴史を経て、育ってきました。
1000年以上前から、作られていて、愛されてきました。

山梨の気候や風土が、甲州ワインを育て上げ、名を馳せさせました。
山梨は山に囲まれた盆地であるため、日照時間が長く、気候のからりとしています。
この環境が甲州のブドウを美味しく育て上げ、ワインも美味しくしています
山梨のブドウの作付面積は全国一で知られています。

甲州のブドウ一つで辛口や甘口、スパークリング、樽仕込などといった多くの種類が生み出されています。
特に、辛口は特殊製造法で作られ、甘口は一番人気を誇っています。
山梨のワイナリーに訪れると、和製ワインを直に堪能することが出来ます。
体験し口にしてみることによって、ワインに対する世界観が違ってきます。

このように、日本の代表ともいえる甲州ワインは作られているのです。
日本でのワインづくりは実はとても歴史が古く、皆に愛されていたことが良く分かりますね。
海外のものも非常に魅力的ですが、日本のワインも人気が高いものなので、機会があれば一度飲んでみてください。
日本のワインを好きになれますよ。

このページの先頭へ