赤ワインと白ワインの特徴の詳細について
ネット

赤ワインと白ワインの特徴の詳細について

赤ワインと白ワインの違いについて、ご説明いたします。
ワインには赤ワイン、白ワイン、ロゼ、スパークリングといった4つの種類が存在しています。
今回はこの中に赤と白についてです。

まず、赤と白の最大の違いとして、原料に使われるブドウが違っています。
赤では黒ブドウ、白は白ブドウが使われているところです。
また、製造方法も大きく異なり、赤は皮から、白は果肉から作られているのです。

赤ワインの場合は皮から何年も熟成させていき、長期間かけて作られます。
その期間の分、色が濃くなり、甘さも増えていきます。
白の果肉での製造では、醸造して作られますので、熟成の期間がそう長くなく出来ます。
果肉で出来ていますので、フルーツの味が濃く、さっぱりした甘さを味わえます。

赤の場合は皮を使っているので渋みがあり、とっつきにくい印象があります。
しかし、皮と実の間の部分が一番栄養素を含んでいるため、赤ワインの方が栄養素や美容効果が高いとされています。
なので、赤ワインは女性の方にも人気が高く、飲まれやすいワインなのです。
また、赤はチーズや肉などといった味の濃いものと相性が良く、白は魚などのさっぱりしたものと食べるのが最高とされています。

このページの先頭へ